​衣作家

真砂三千代

インドへの旅をきっかけに、一枚の布を纏うことにアジアの衣の原点を視つめ日本古来の 結ぶ・重ねる・ひねる などの伝統的 な着付による衣制作をするようになる。染織家とのコラボレーション作品の発表を含め、自然素材の布でつくる衣 Afa、オーガニックコットンの日常着ブランドLifeafaを主宰。著書に「風着 color of India」(文化出版局)
1998年「真南風」石垣昭子 真木千秋との共作 リプトンギャラリー・ニューヨーク
1999年「白の領域」秦泉寺良子との共作    ギャラリーギブリ・東京
2010年「KIMONO Afa」東洋的衣服のショー   ビラニッチ・ミラノ
2016年「真砂三千代 衣展」         茶家十職・台北
2018年「真砂三千代 衣展」~         奉常・杭州

Mchiyo Masago